ザルのようなパッキンの高架水槽

今回は東京都の八王子市に伺っています。

 

あるホテルの高架水槽ですが、イナックス製です。

 

「えっ イナックスって水回りのイナックス??」っと思われた方正解です。

 

トイレやお風呂を作っているINAXです。

 

昔はTOTOやINAXも貯水槽を作っていました。

IMGP3596.JPG

だんだん数は減っていますが、まだまだありますので、当社の出番です。

写真ではわかりずらいですが、パネルタンク底部のパッキンから水がボタボタボタボタそこら中から漏れています。

IMGP3560.JPG

ザルです、ザル・・・・。

さすがに設置から、30年もするとパッキンも石のように固くなり止水性能が無くなります。

 

こんなに漏れると水道代が心配でなりません。

 

ホテルですので、朝のチェックアウト後から夕方のチェックインまでに最低でも方側の槽は作業を終わらせ、水を張る必要があります。

line_7401724173767103.jpg line_7401728704376007.jpg

当社の無溶剤型樹脂ライニングでなければ到底できない作業時間です。

 

ニオイがないのでライニング層の硬化後にすぐに水が張れます。

 

一般的な樹脂ですと樹脂の硬化後に、数時間から数日ニオイが抜けるのを待つ必要があります。

 

内部と同様に天井パネルのパッキンもザルになっているため、天井部のライニングも同時に行っていきます。

line_7401734356886265.jpg line_7401738280794597.jpg

仕上げにセラミックコーティングで外部を塗っていきます。 

 

これで見た目もきれいに、強度もアップした高架水槽に生まれ変わりました。

 

 

 

 

貯水槽無料診断
 

 

 
 貯水槽の無料相談